SSブログ

防災ガードレール・川西市 [防災雑感]


兵庫県・川西市では、支柱にのこぎりやジャッキなどを格納したガードレールを設置する。阪神大震災では救急車や消防車が出払ったなかで、救助用具の貸し出し依頼がたくさんあったことからも、設置の効果を期待したい。


自宅の「防災倉庫」とチェーンソーメンテナンス風景(森林ボランティアのつり広告より)

 乾物屋の自宅では、庭の物置を災害備蓄倉庫としても使えるように、のこぎりの大中小の各サイズにバール・ハンマー・スコップ・ツルハシなどを入れている。のこぎりは植木の剪定用だし、農機具などは草刈りや植木の移植などに日頃活用している。のこぎりはサイズがいろいろないと、瓦礫の下の狭い空間では使えないので、注意が必要です。チェーンソーはメンテナンス済の状態で保管している。1時間も使うと刃がダメになるので、大きな柱などに限定使用することもお忘れなく。それ以上に、ケガなく脱出することと自分の体力の維持も大事なんですが・・・・・鍵はかけていないので、自分が動けないときは、ご近所さんに託すことになります。よろしくお願いいたします!



共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます